www.iphone-case-brand.com

民事再生という手段は住宅ローンなどを含めて重債務に悩む個人を救済するために、住んでいる家を維持しつつも経済面で立ち直るための公の機関を通した債務を整理する道として平成12年11月に利用できるようになったルールです。民事再生という制度には、自己破産とは違い免責不許可事由はないために、浪費などで債務がふくらんだようなときでも民事再生はOKですし自己破産により業務が行えなくなる免許で仕事をしている方でも制度の活用が可能です。破産の場合は、住居を残しておくことは無理ですしその他の債務処理では、元金は戻していく必要がありますので住宅ローンもある一方で払っていくのは実際のところ簡単ではないと思われます。といっても、民事再生という処理を採用することができればマンション等のローン以外の負債については十分な額を減額することが可能ですので、十分に住宅のローンを払いつつ残った債務を払い続けるようなこともできるということなのです。でも、民事再生は任意整理や特定調停といった方法とは異なりある部分だけの借り入れだけを除き処理していくことは考えられませんし破産手続きに適用されるように借り入れ金それそのもの消えてしまうのではありません。さらには、そのほかの債務整理と比較していくらか煩雑で時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいてマンションを手放せない場合等を除外して破産手続き等の他の方法がない時だけの手段と考えるのがいいと思います。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.iphone-case-brand.com All Rights Reserved.