していけばいつの日にか勝てるかもしれません

ありふれた初心者用の外為取引の教科書では「損が生まれた時にはナンピン買いをすることで、ポジションの買い付け価格を小さくする事が出来る」などと書かれていると思いますが、現実にはナンピンには相当大きな危険性が待っています。コンブチャクレンズ いつ届く

はじめに、ナンピン買いの仕組みについてとても簡単に説明しておきます。ipad買取店比較!

一例として1ドル100円でドルを買ったとする。先輩に聞く!アパレル業界面接対策

ドル買いなので、ドル高に進むほど儲けが出るわけですが不幸にして95円まで円高が進んでしまった。鼻下ニキビ化粧水ランキング

このままの場合所有し続けたら、マイナスをなくすためには、マイナス分、ドル高に向う必要があります。みずほ銀行カードローン即日審査?【在籍確認電話バレない?】

投資家であれば、マイナスは早めに回復したいと思います。サントリーエファージュの口コミ

それを解決するため最初に買ったのと同額分のドルを、1ドルを95円で買い増します。パノラミス錠 副作用

すると、平均の買い付け単価は97円50銭まで低くすることができる。転職サイト おすすめは?口コミ・評判で選ぶならココ!09

つまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば損を回復できます。びかんれいちゃ

この流れがナンピン買いの方法です。ミュゼ 営業時間外

このように、ナンピンの仕組みを知ると「もっともだ」と考えるが為替は易々と問屋を卸してくれない。

元々、1ドル=95円が下値だということなど誰にもわからないのである。

もし、為替が円高基調だとしたら95円では収まることなく一段の円高ドル安になるリスクが高いです。

仮に、97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円までドル安になったら、ナンピンを入れたポジションもマイナスが生じます。

この状況では、一番初めに保有したポジションと同時に、倍の為替差損を被ることになります。

それゆえ、ナンピンは難しいです。

ならば、為替が己の物語とは反対に進んでしまった場合どの対策で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

選択できる対策は2つ。

ひとつめは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

ふたつめは今現在、自分か保持しているポジションを少なくする事によってもう一度為替が戻るのをひたすら待つことだ。

ずいぶん控えめな手法だと思う人もいます。

しかし、自分が保持している買いポジションにマイナスが生まれた時効果のある対策はこれよりいいものはないです。

無論、理論としてはナンピン買いを入れるという手段も有効です。

だがナンピンは、自身が損失を出している状態でポジションを縮小するどころか、買いポジションを積んでいく方法です。

この手法では、危険性をコントロールすることなどどう頑張ってもやりようがないと考えるべきです。

ナンピンをしていけばいつの日にか勝てるかもしれません。

だがしかし、それ以前に投資資金は不足してしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.iphone-case-brand.com All Rights Reserved.