損失は早く0にしたいと思います

どこにでもある初心者向けの外国為替証拠金取引の書籍では、「差損が生じた場合はナンピン買いで平均の買い付け価格を抑える事ができる」などとアドバイスしていますが正直ナンピンには目に見えない隠れたリスクがある。TeAmo ティアモ カラコン

まずは、ナンピン買いの理屈に関して易しく説明します。目の下 しわ

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとします。ナースバンク 宇土市

$(ドル)買いということで円安ドル高に進むほど儲けが大きくなりますが、思い通りに行かず1ドル=95円までドル安に向ってしまったとします。お尻 ニキビ 黒ズミ 治す

この場合保持し続けたとしたら損失が回復するまでには、円高になった分円安ドル高に進む必要があります。折りたたみベット

投資家であれば、損失は早く0にしたいと思います。http://vio脱毛福岡完全ガイド.com/

ここで最初に買ったのと同額分の$を買い増します。ビフィーナ

それによって、ポジション全体の単価は1ドル=97.50円まで低くすることができる。オメガ3脂肪酸の効果とサプリ。食べ物でダイエット?オイル種類を飲む妊娠中は食材効能くるみ油

半分の幅で円安に進めばマイナスを回復する事ができます。

これが、ナンピンの方法です。

このとおり、ナンピンの理屈を聞くと「もっともだ」と考えたりするが、易々と上手くはいきません。

元々、1ドル=95円が下限だとということなど誰にもわからないのである。

仮定として、外国為替市場がかなり強い円高ドル安地合であれば、1ドル=95円では下げ止まらずによりドル安が加速するリスクが高くなります。

たとえば、97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高になっとしたならばナンピンをしたポジションも損失が生じます。

こういう状況では一番初めに取引したドルと一緒に、ダブルで為替差損が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは難しいのだ。

ならば、為替が自分のシナリオとは反対にどんどん進む場合、いかなるやり方で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

選択する手段は限られています。

最初のひとつはあきらめて、損を確定する事です。

もうひとつは今、自分が保持しているポジションを小さくする事によって、改めて外国為替市場が戻るのを何もしないで待機する事です。

少し控えめな術だとみる投資家もいるだろう。

しかしながら、買いポジションにマイナスが生じた場合、一番リスクが低いやり方はこれ以上のものはありえません。

勿論、理屈の上では、ナンピン買いをする考え方もあるように思える。

だけどナンピンは、自分か損失を出しているのに、ポジションを小さくするどころか、反対に買いポジションを重ねていく方法である。

それでは、リスクを避けることなど、どうやっても無理だと考えるべきです。

ナンピンをしていけば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

しかし、そうなる前に投資資金がマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.iphone-case-brand.com All Rights Reserved.