すがしかけるのがなすすべがないと思ったならばエントリーしない

やっと取引する時という局面では一番に事前調査をおろそかにしてはいけません。80-17-142

売買を行う前であれば、物事を合理的に見ることのできる余裕がある。80-4-142

だが、ひとたび市場の内部に足を踏み入れると何をしても捉え方が独りよがりになりがちで、重要な時に正しい状況がわからなくなるリスクを負います。80-9-142

その分あなたの考えが論理的なうちに、適切に事前準備が大事です。80-18-142

”事前準備”とは、とにかく己の筋書きを記す事からスタートします。80-8-142

この先の相場はこうだから、この通貨を買う(あるいは売る)というふうに、物語を描いていきます。80-13-142

その次は時間足チャートを確認しましょう。80-15-142

以前の市場の推移を見つめて、今日の値動きをチェックします。80-11-142

すると、「結構高すぎる場面になっているな」「今となっては大方の人々が取引しているからこれから先遅れて売買しても今はもうなすすべがない」ということが理解できます。80-10-142

当たり前ですがしかけるのがなすすべがないと思ったならばエントリーしないで、その場面ではすっぱりと割り切ることが大切です。80-16-142

自分自身のシナリオを譲らずに、無理に新しく注文すると、為替相場にやられてしまい、それどころか為替差損を受けることになります。

とは言うもののかなりの状況で、準備万端の自分のストーリー展開を作っておくと、売買が遅いという場面にはならないだろう。

現実に相場が変動する前の状態のはずです。

更に、当面はあなた自身が売買しようと考えている売買ポジションの変化を確かめる事が必要です。

例えば円安になるはずだというシナリオを考えたのであれば、ドル円の上下動に注目する必要があります。

外国為替市場の動きを注目し始めた段階ではまだまだその外貨は大きく上げ下げする気配を見せず、上下にちょっとした動きをしているだけでしょう。

だけど、その動きを気をつけているとあるポイントでドル高の方向へと推移し始めます。

このチャンスでようやく、ドルのトレードします。

通常、これだけ念入りに事前の準備をしておけば、その売買で勝つ割合はかなり大きくなるはずです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.iphone-case-brand.com All Rights Reserved.